×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

坂林和重 第二種電気工事士非常識な教材

サイトマップ

第二種電気工事士試験では類似問題が繰り返し出題されている


仕事をしながらなので、勉強時間が限られている

数学が苦手で、市販テキストでは不明な部分が多い

このようにお悩みなら…

24年5ヶ月で17,632人以上を合格へと

導いてきた電気の資格取得のプロが実際の

試験に出題される範囲のみを厳選した数字が

苦手でも分かる勉強法があるのですが…




さらに、万が一不合格の場合には全額返金します



突然ですが、あなたに1つ質問です。

なぜ?合格する受験生と不合格の受験生と違いが出てしまうと思いますか?

「勉強した時間が長いか?短いか?」

「一年前から長期間取り組んだかどうか?」

いいえ、全部違います。

はっきりと断言しますが、電工試験を合格するのに必要なのは

毎日、毎日 長時間勉強に取り組んだからではありません。


いかに効率よく取り組んだかが重要なのです。

では、どうすれば効率よく“短期間で合格”できるのか・・・

その詳細をこのお手紙でお伝えしておりますので、

ぜひ、最後までご覧ください。



じつは、不合格になってしまう勉強法には特徴があるのです

不合格者の99パーセントが陥る合格できない勉強法とは・・・?

まじめすぎて“捨てる事が出来ない”

資格試験で点数を競っているテストではないので、100点をとる必要はありません。

第二種電気工事士試験では、合格ラインは60点なので

100点を取った受験生も61点の受験生も同じく合格なのです。



じつは、第二種電気工事士試験では類似問題が繰り返し出題されているのを

知っていますか?

私は毎年どの類似がどの頻度で出題されるかを検証しています。

その中で、繰り返し出題されている問題があります。

その繰り返し出題されている問題は89パーセントの確率で試験問題として

出題されています。

逆に、試験範囲にあっても出題されない問題と言うのも存在しているのです。


●今回限りの特典

@全ての疑問を解決メールサポート

A合格お祝いキャッシュバックキャンペーン






「坂林和重 第二種電気工事士非常識な教材」について

【第二種電気工事士試験に合格したいのなら】24年5ヶ月で17,632人以上を合格へと導いてきた「電気の資格取得のプロ」が実際の
試験に出題される範囲のみを厳選した、数字が苦手でも分かる勉強法があるのですが興味ありませんか?じつは、第二種電気工事士試験では
類似問題が繰り返し出題されているのを知っていますか?私は毎年どの類似がどの頻度で出題されるかを検証しています。

取引レート