×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚線から見る結婚時期

手相占いにおいて、結婚線というものがあります。
女性は知っている人が多いのではないでしょうか。
この結婚線のある場所は、小指の付け根の下、感情線という手相の上にある短めの線を結婚線といいます。

人によっては、長く伸びて他の線とつながっていることもあるようです。
結婚線とは、結婚の時期を予測するものだと思われがちですが、必ずしもそうではないようです。
恋愛や、浮気なども現れ、結婚線の数は恋愛の数で、その太さや長さによって変わってきます。
そのパートナーへの愛情の大きさを表しているようで、太く長い場合には結婚にいたることが多いという意味で、結婚の時期を予測できると言われています。
ですので、結婚線が1本もない場合は、結婚ができないのもありますが、恋愛のチャンスがないということにもなります。
恋愛がないのですから、結婚には至らないということになるようです。

結婚の時期を詳しく知ることは難しいようです。
結婚線が感情線側にあれば、早い結婚になり、小指側にあれば遅い結婚と、おおまかにしかわかりません。

結婚線がなければ、結婚には至りませんが、結婚線があっても、その結婚線に縦の線が入り、格子状になっている場合も、結婚はまだ先だという風にも言えるようです。

まだ結婚したいパートナーに出会っていないか、自分はまだ結婚しなくてもいいと思っている時に、このような格子状の結婚線になるようです。
結婚線とは変わりやすいものです。
パートナーが見つかれば、この手相の縦の線はすみやかになくなっていくようです。

[今なら10000ポイント] あなたの“結婚力”を診断しませんか?


くりっく365