×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2本の結婚線

結婚線とは、小指の根本と感情線という線の間にある線のことで、だいたいの結婚の時期を示します。
1本の場合は、とても一途で初恋の相手と結婚することも多いようです。

では、結婚線が2本の場合はどういったことになるのでしょう?
はっきりとわかる線が2本あれば、2本の結婚線となります。
この手相の持ち主は、たいがい2度結婚します。
理由はそれぞれの理由になってきますので、他の手相を見ないとわかりませんが、結果的に2度結婚するようです。
特に1度目の結婚が早かった場合は、2度の結婚になる可能性が非常に高いのです。
そして、2度目の結婚の方が、だいたい幸せになると言われています。
ただ、2本の結婚線があきらかに短かったり、薄かったりすると、それは濃い方の線が結婚を表していると言えるでしょう。
短い、または薄い方の結婚線は、恋愛はしたがその相手とは結婚はしなかったという意味になるようです。

私にも、左手に3本、右手に2本の結婚線と思われる線があります。
手相は両手の相で、また意味が違ってくるようなのですが、右手の方が後天的な運勢となるようですので、私の場合はおおまかに見て2本ということになります。
下にある1本はかなり薄く短いもので、上にあるもう一本はハッキリとまっすぐ伸びています。
上の結婚線が結婚を意味する結婚線だったと言えるでしょう。
恋愛の数は、微妙に違うようにも思いますが、本人は恋愛だと思っていたが実は違っていた、など、今となってはわかりませんが、きっと意味があるのだと思います。
手相とは、変化するものですので、私の手相も恋愛ではなく、また別の意味を示しているのかもしれませんね。

【まずはパーティーで】オーネット


くりっく365