×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下向きの結婚線

結婚線とは手相の事で、結婚時期などを推測する手相です。
女性はこの手相は気になる人が多いのではないでしょうか。
小指の付け根と、感情線という手相の間にある線を結婚線といいます。

結婚線の状態によって意味が変わってくるようですが、ここでは下を向いた結婚線について調べてみましょう。
下向きの結婚線、見るからに良くないということがわかりますが、この結婚線は現在のパートナーへの愛情が冷めてきている事を示しています。
下向きの結婚線は、人類全体の半分の人間が持っており、夫婦間の精神的な絆が弱くなっていることをあらわしているようです。
その下向きの結婚線が、さらに下に伸びてゆき、感情線にひっついてしまいますと、さらに深刻な状態になると言えます。
結婚線上に、島のようなものがある場合も、同じようにかなり深刻な状態になると言えるでしょう。

しかし手相は心の鏡とも言われており、状況や本人の努力しだいで、下向きの結婚線が、上向きに変化してくることもたくさんあるようです。
もし、自分やパートナーに下向きの結婚線があれば、お互いを思いやる気持ち、尊重する気持ちを大事にして、今日の出来事や、楽しかったこと、ささいなことでも良いので、まず二人で会話をすることが大切だと言えるでしょう。
自分がされたら嫌なこと、言われたら嫌なことをしてしまっていませんか?
またパートナーからの、そういった行為にも、言葉を選んで話をしてみてください。
ただ自分の意見を言うだけでは、喧嘩になってしまいます。
自分にも悪いところはあるはずです。
相手だけを否定せずに、対等な立場で話をするのが良いと私は思います。

【そろそろ結婚考えます?】オーネット


くりっく365