×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚線で占う結婚の時期

結婚線とは、小指の付け根と感情線という線の間にある線のことで、結婚の時期をあらわすものだと思われているようですが、そうではないようです。
結婚線は、パートナーへの恋愛感情が最大になるという意味しているようです。
その結婚線が長く、太いものであったら、恋愛が成就する可能性が強まり、最終的に結婚するというパターンが多いようです。
しかし、たとえ結婚線が太くしっかりしたものでも、必ず結婚に至るというわけではないようです。
人生の伴侶を持つ運を表し、真剣な愛情ならば婚姻しない同棲や、不倫の場合もありえます。
結婚線は恋愛を示すので、結婚線がない時期は、恋愛も実らないということになります。
結婚線が立派なものならば、恋愛から結婚に至る可能性はかなり高いと言えますが、その結婚が幸せなものかどうかは、結婚線の形状によって意味は変わってきます。
結婚は、2人でするものなので、パートナーの結婚線によっても変わってきます。
よりハッキリしたものが、優先されます。
しかし、手相は変えることができます。
2人の行動、状況によっても手相はどんどん変わり、それが良い方向にもなりますし、逆に悪い方向にもなります。
悪い暗示を示す手相になってきた場合は、良くなるように努力することが必要になってきますし、良いことを示す手相の場合は、それで安心してしまわずにその良い状態を保てるように、また努力が必要です。
つまり努力のない、夫婦生活は成り立たないということになります。

【そろそろ結婚考えます?】オーネット


くりっく365