×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚線と手相占い

結婚線とは、手相占いにおいて、結婚生活がどのような状態になるかを示す相だそうです。
手相から詳しい結婚時期などを調べる事は難しいようですが、ある程度の結婚時期を予測する事が可能なようです。

結婚線とは、小指の根本から感情線の間にある手相の事で、それが感情線側に近いと結婚時期が早く、小指側に近い場合は遅い時期の結婚になるようです。
横まっすぐに延びている結婚線は、正常な結婚生活ができるということです。

結婚線が感情線にひっついてしまうと、夫婦仲がかなり悪化することを示し、離婚の恐れがあると言われています。

結婚線の先が2本に分かれると、パートナーとの肉体干渉が少なくなっていくことを示します。
つまり単身赴任や、セックスレスといった状態になるようです。

結婚線の元が2本で、だんだん1本に繋がっていく手相は、結婚に対して身内からの反対などがあり、結婚するには厳しい状態になるが、しだいに状況が改善され、無事結婚にいたると言うことを示します。

結婚線の先が、上を向いていると良い結婚生活であることを示し、反対に下向きですと悪い結婚であることを表しています。

結婚線の末端にある×のような印は、結婚生活での障害を示し、小さい物であっても結婚生活には多大な障害をもたらします。

結婚線が長く伸び、太陽線へ繋がる場合、結婚することによって社会的優位な立場になることを示し、結婚線の末端が上向きに伸び太陽線とつながる場合は、さらに社会的地位の高い強力はパートナーと結ばれることを表しています。

【まずはパーティーで】オーネット


くりっく365